こんにちは!まんぼう整骨院です!

暖かくなってきて運動をし始める人も多いかと思います。

今日は運動の怪我、特に走る事が多い人に

起こりやすいい怪我をご紹介します!

 

1、ランナーズニー(腸脛靭帯炎)

これは主に膝の外側に痛みが出ます。

膝の外側には主に腸脛靭帯、外側広筋(大腿四頭筋)、大腿筋膜張筋が付着します。

これらはガーディ結節という足の骨に付着します。

このガーディ結節と腸脛靭帯が本来は激しくすれることがないのですが走り過ぎや姿勢不良などで激しいすれてしまい傷つき炎症がでます。

考えられる原因は走り過ぎ、がに股、筋バランス、骨盤後傾などがあげられます。

またこの怪我は日本人はとてもなりやすいです。

なぜかというと、日本人の大半が骨盤後傾位であり、また足の内側の筋が弱い、正座など膝の曲げ伸ばしが多いからです。

なので普段走ったりしない方でも注意が必要です。

 

江戸川区の葛西、西葛西、浦安、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、全身をくまなくチェックして何が原因で症状が出ているのかを突き止め治療していきます。03-3869-0336

 

2、鵞足炎

これは主に膝の内側に痛みが出ます。

この怪我にかかわる筋は主に縫工筋、薄筋、半腱様筋、半膜様筋です。

これらは鵞足といわれる足の骨に付着します。

鵞足炎の場合は筋と骨をつなげる腱が走り過ぎや姿勢不良などで傷つき炎症が出ます。

考えられる原因は走り過ぎ、内股、筋バランス、骨盤前傾などがあげられます。

これは走りはじめの方や女性が多いです。

まず鵞足が炎症を起こしてしまう原因として膝が中に入ってしまうことがあげられます。走りはじめの方は内側広筋、中殿筋、骨盤底筋群がうまく使えていないケースが多いため膝が中に入りやすいです(熟練の方でも使えていない人もいますが・・・)

また、女性の場合 ヒールなど底の高い靴はきますよね。 底の高い靴を履くとしっかり筋がついている人はいいですがだいたいの人はついていないのでどうしてもバランスを取るために膝が中に入ります。

なので、ヒールを履きたい方はしっかりとしたスクワットを最低でも10回出来るようになりましょ!

立ち姿勢、歩く姿勢などスタイル良く見えますよ。

 

スポーツ外傷、足の痛み、膝の痛みは葛西、西葛西、浦安、門前仲町エリアのまんぼう整骨院にお任せください!03-3869-0336

 

 

 

また、今回は紹介した怪我以外にも様々な足、膝周りの怪我があります。

足、膝周りは気になったらすぐ治療すればその分すぐ治ります。ほっとくのは危険です。

いつもと違うと少しでも感じたら葛西、西葛西、浦安、門前仲町エリアのまんぼう整骨院へ!

 

 

 

しっかりと原因を突き止めていかないと痛みがなくなってもまた痛める可能性があります。

治療としては、筋肉が張っていたり、骨の位置がずれていたり、体の使い方が悪かったりとさまざまな原因がありますので、当院ではしっかりと原因を突き止めて、その人に合った治療をしていきます。

江戸川区の葛西、西葛西、浦安、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、体に負担のかからない鍼灸治療や手技をしていき、再発予防も行い、最後までしっかり治していきます。03-3869-0336

 

一緒に頑張りましょう!!!

 

名称 まんぼう整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西8丁目23-6
電話番号 03-3869-0336
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:00/15:00〜20:30 【土曜】9:00~14:00
アクセス方法 【電車】東西線 葛西駅から環七通り沿い 臨海方面へ 徒歩6分