こんにちは!まんぼう整骨院です!

ますます寒さが増し冬服を急いで出した方も多いんじゃないでしょうか?

寒くなってくると膝など痛くなりますよね?

 

膝の痛みの種類は色々あります。

 

スポーツで怪我をしたり、日常生活で階段の昇り降り、膝が曲げれなくなり正座が出来なくなるなど江戸川区の葛西・行徳・門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院に来られてる患者様が大勢いらっしゃいます。

 

膝の痛みというのは、決して加齢だけが原因となっているわけではありません。年齢を重ねるごとに、だんだん階段の上り下りがつらくなってきた、長く歩いたりするとすぐに痛みが出てくる…などもあるのですが、若い方であっても膝の痛みに悩まされてしまうということもあるのです。

 

正常の膝関節では関節の表面は軟骨で覆われています。弾力性に富んだ組織からなる軟骨は、衝撃を和らげたり、関節の動きを滑らかにしたりしています。 また、滑膜から分泌される関節液は軟骨の成分の1つであるヒアルロン酸を含んだ粘りのある液体で、膝関節がスムースに動く潤滑油と軟骨の栄養の役割を果たしています。

 

ですが、軽度の関節軟骨の磨耗が生じますが自覚的な症状はほとんどありません。
軟骨の磨耗がある程度すすむと(中期)、膝の曲げ伸ばしや立ち上がり、歩行時の膝にかかる負担の増加および軟骨、半月板の変性による刺激により関節炎が生じます。
関節炎では、膝を曲げ伸ばししたときの痛み(動作時痛)や曲げ伸ばしの制限(可動域制限:かどういきせいげん)が生じます。また、関節液が多量に分泌されて関節に「みず」がたまること(関節水腫:かんせつすいしゅ)もありますが、関節内のヒアルロン酸は逆に減少します。巷では加齢によるものだけではなく、毎日長時間走ってる方もオーバーユース(使いすぎ)によりこの痛みがでるようです。

 

進行期の変形性膝関節症では、軟骨の磨耗がさらに進み関節の土台の骨(軟骨下骨:なんこつかこつ)が露出したり骨棘(こつきょく)といった骨そのものの変形が生じたりします。
この状態では、膝を動かしたり立って歩いたりするたびに硬い骨同士が直接ぶつかり合うため強い痛みを生じ、曲げ伸ばしの制限も高度となり日常生活において大きな障害となります。

 

膝の痛みというのは、身体のバランスが崩れてしまっているために、膝にばかり負担がかかってしまっているということがほとんどなのです。

 

また、身体のバランスが悪い状態で、スポーツをされている若い方などは、膝を傷めてしまいやすく、気付いたときには普段の生活でも痛むようになってしまったということもあります。

 

膝の痛みを感じたときには、出来るだけ早めに江戸川区の葛西・行徳・門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院までご相談ください。

痛みに気付いたときには、最初は軽い痛みだったり、特定の動作をしたときだけに痛みがくるという場合が多く、まだ大丈夫だろうと思ったり、自然に治るだろうということで医療機関を受診されないというケースもあり、これが悪化を招いてしまうのです。
もし、症状がどんどん進んでしまって膝の関節が変形してしまうことになったら、元に戻すことは不可能です。
手遅れになる前に、江戸川区の葛西・行徳・門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院を始めていきましょう。

 

江戸川区の葛西・行徳・門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院のスポーツマッサージをメインに鍼灸治療、膝に痛みがでる時には足関節、股関節、腰とかなり歪みがでていて身体の使い方がかなり悪くなってるので矯正、カイロプラクティックテクニックを使ったり、使いすぎてる筋肉と使えてない筋肉の違いから関節の動きが悪くなるのでそこの箇所も診ます。

ただ、痛みがでてから長くほっとけばほっとくほど治るのが遅くなるので早くいらしてください。

きちんと治療計画をたてていけば良くなりますよ。

 

 

名称 まんぼう整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西8丁目23-6
電話番号 03-3869-0336
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:00/15:00〜20:30 【土曜】9:00~14:00
アクセス方法 【電車】東西線 葛西駅から環七通り沿い 臨海方面へ 徒歩6分