・冷えからくる腰痛を治すには?

冷え性の人は腰痛になりやすいとも言われています。

これは冷え性の人は身体をめぐる血液の流れが悪いことで引き起こされると言われています。
つまり、血行が悪いという事です。

血行が悪いとどうしても身体の隅々まで酸素や栄養素を行き渡らせることが難しくなります。
筋肉は沢山の酸素と栄養素を必要としていますが、その供給を得ることができません。

また、筋肉は沢山の老廃物を発生させます。
この老廃物を排出するのも、血行が悪いことで行いずらくなります。

つまり、筋肉が酸素不足・栄養不足になり、さらに老廃物が溜まるということです。

これによって筋肉が緊張したままになります。
これがいわゆる「コリ」です。
コリが続けば腰痛になってしまいます。

 

・冷えからの腰痛を改善するには?

つまり、冷えからくる腰痛を改善するためには、まず血行を良くして血流を正常な状態にしてあげることが重要です。

つまり、温めることが冷えからくる腰痛を治すには一番良い方法です。

冷え対策には半身浴が良いと言われています。
また、半身浴を行った後、冷たいシャワーを手や足にかけてみます。
これで、体はぽかぽかとしてきますよ。

 

「腰を効果的に温める5つの習慣」

 

習慣① 湯船にしっかり浸かる

基本的に大切なのは、毎日、湯舟にゆっくりと浸かって体全体を温めることです。
忙しいからといってシャワーだけで済ませていると全身が冷え性になったり生理痛がひどくなることもあります。
42度程度のお湯に15分以上浸かって、体の芯から温めるように心がけましょう。

 

習慣② カイロなどを活用

特に寒い場所にいるようなときには、腰の部分に貼るタイプの使い捨てカイロを利用するのもおススメです。
自宅にいて腰が冷えると感じるときは、電気毛布や座布団サイズのホットカーペットを腰に当てて横になるととても腰が温まります。
また、寝る前に布団を布団乾燥機などで温めておくと、体も中から温められ心地よく睡眠に入ることができます。
低温火傷には十分に注意してください。

 

習慣③ 運動をする

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で、体全体を温めると腰も温かくなります。
筋肉が発達している人は冷え性になりにくいので、基礎的な筋力をつけたほうが血液の循環が良くなって腰も温まります。
有酸素運動と筋力強化により、身体中に酸素が行き渡り、代謝もか発になることでしょう。
30分以上のウォーキングができれば理想です。

 

習慣④ 温かいものを食べる

冷たい食べ物や飲み物が好きな方は、なるべく温かいものか常温の飲食物に変えるだけで、体が温かくなり腰も冷えにくくなります。
体を温めるためにオススメの生姜紅茶や、白湯を飲んだりと、体が温まる飲み物がオススメです。
料理に生姜やにんにくなどを混ぜるのも、オススメです。

 

習慣⑤ 肌着を1枚多く着る

ファッションのために真冬でも素足にミニスカートを履く若い女性もいると思いますが、なるべく服装で体を冷やさない習慣をつける方法もおススメです。
下着を一枚多く着込むことで、体温の低下をかなり防ぐこともできます。
あと、マフラーや手袋、腹巻、靴下の重ねばきなどの工夫で体温の調整ができますのでやってみてください。

 

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう整骨院では、患者様の日常や生活習慣の改善のアドバイスも行っております。

長年患っている腰痛

病院や整形外科でも改善していかない腰の痛み

出産後のコシの痛み

まずは、どんな小さなことでも、江戸川区葛西の健康応援団、まんぼう整骨院にご相談ください。