産後の骨盤矯正

妊娠、出産によって開いた骨盤をそのままにしていても、歪んだ骨盤が自然に正しい位置に戻る事はほとんどありません。さらに、産後、歪みをそのままにして育児に追われ、肩こりや腰痛に悩まされる方も多いのが現実です。

しかし、産後の骨盤矯正をすると、肩こりや腰痛も同時に解消している方が多くいます。

産後の骨盤矯正を始める時期は、からが良いと言われています。
帝王切開の方は、傷口が完全にふさがってから骨盤矯正を行います。

産後2~6か月の間は、骨盤の関節も緩んでいる状態なので、この時期に矯正の行うとさらに効果的です。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう整骨院で、正しいチェックを行い、早期改善をしませんか?

 

こんなお悩みはございませんか?

妊娠前のジーンズが入らない 

体重は戻ったけれど、体のラインが崩れてしまった

産後の腰痛、恥骨痛、股関節痛、手のしびれに悩まされている

片頭痛、めまいがひどくて、家事や育児がつらい

まさか尿漏れしているなんて人には言えない

このままで職場復帰できるのか不安

「疲れてるんじゃない?」「老けたね」と言われるようになってしまった

いつまでもキレイなママでいたい

このようなお悩み!江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう整骨院が解決します。

 

産後の骨盤矯正の重要性!!

出産後は、育児が生活の中心となり、お母さんは自分の事を後回しにしてしまいがちです。

しかし、骨盤の歪みは、その後の生活にとても大きな影響を与えるため、産後のケアは大切で、特に骨盤のケアは重要だと言われています。

産前・産後の骨盤の変化をご説明します。

妊娠中は、骨盤を固定しているじん帯が緩み骨盤を広げることで胎児を育みます。

出産後、広がった骨盤はすぐに元に戻るのではなく、時間をかけてゆっくり戻ります。

個人差はありますが、出産前と全く同じ状態の骨盤には戻りません。

産後は育児によって(赤ちゃんの抱っこ、おむつ替え、沐浴など)で身体の左右のバランスが崩れ、骨盤の負担も大きくなります。

そして、育児や日常生活によって発生する、骨盤の前後左右に歪みができたまま固定されると腰痛や生理痛、不妊、冷え性、更年期障害などの原因になることもあるため、当院で産後の骨盤矯正を行い、元の位置にしっかりと戻す事が必要です。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう整骨院は、子育て世代を応援します。

 

開いた骨盤を元に戻すことにより、

・肩こり・腰痛・頭痛・背中のハリ感が解消する

・穿けなかったズボンがするっと穿けるようになる

・脚のむくみ感が解消する

・お子様を楽に抱っこできる

・産後太りが解消する

・姿勢が良くなるため体重以上に痩せて見える

まあ何とゆうことでしょう!

 

矯正によって産後の骨盤の歪みを正すことで、血液やリンパもスムーズに循環し出し、自然治癒力が高まることで、筋肉の働きや神経の伝達も正常な状態へと近づいてきます。

これまでの体の改善の為に、産後の骨盤矯正を受けた後、骨盤底筋のトレーニングをご自宅でしてみましょう。

簡単な骨盤底筋トレーニングの方法をアドバイスいたします。矯正頻度は週に1回のペースです。無理なく続けてください。

 

産後矯正、骨盤矯正、姿勢改善をご希望なら、専門のスタッフがいる江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう整骨院にお任せください。