朝、目覚めたら首や肩が痛い。こんな「寝違え」を経験した方は多いと思います。
特に、首が痛くなると、何をするにも大変でしょう。
寝違えは自然に治るものですが、一刻も早く治したいと思うときも多いです。
そこで、今回は寝違えの治し方についてご説明します。
首や肩などが痛いとき、湿布を張ったりマッサージをしたりすることも多いでしょう。
しかし、実は寝違えの原因は別の場所に合ったのです。
寝違えることが多く、首の痛みに悩まされがちな方はぜひこのまんぼう整骨院の記事を読んで寝違えの解消法を実践してみてください。

 

寝違えの原因と症状とは?

寝違えとは、朝起きると首から肩にかけて痛みを感じる症状のことを指します。
動かせば痛みを感じるくらいから、少しでも動かすと激しい痛みを感じるものまで症状はさまざまでしょう。
そのまま放っておけば、自然に治りますが、治るまでの時間はまちまちでクセになることもシバシバです。
半日もすれば痛みが消えることもあれば、数日間首の痛みに悩まされる方もいるでしょう。
首から肩にかけての筋肉は動かすことも多く、できるだけ早く痛みを取りたいものです。
ところで、寝違えの原因は長いこと枕が合っていなかったり、寝相が悪いせいで肩から首にかけての筋肉がこわばったりしたせいだと思われていました。
しかし、最近になって寝違えの真の原因は、わきの下に通っている「腋窩(えきか)神経」が圧迫されたせいということが判明したのです。
この腋窩(えきか)神経は、脇を通って首の神経へとつながっています。
ですから、腋窩(えきか)神経が圧迫されて血行不良になると、首から肩にかけて痛みを感じるのです。

 

寝違えの効果的な治し方とは?

まさか脇の下を通っている神経が、寝違えの原因だったとは意外でしたね。
では、これをふまえて寝違えを治すにはどうしたらよいのでしょうか?
この項では、寝違えをより早く治す方法をご紹介します。

 

直接の首や肩のマッサージは効果なし?

寝違えると、首や肩をマッサージしたり湿布を張ったりした経験がある方は多いでしょう。
しかし、前述したように寝違えの原因はわきの下に通っている神経の血行不良です。
ですから、いくら首や肩をマッサージしても効果はありません。
それどころか、無理な動かし方をすれば、かえって首や肩の筋を痛めてしまいます。
痛みをやわらげようとあちこち動かした結果、かえって痛みが強くなった経験がある方もいるでしょう。

 

寝違えを治すには腕を動かす

寝違えを治すには、腋窩(えきか)神経の血行をよくしてあげればよいのです。

そのためにはより強く痛みを感じる方の腕の力を抜きます。

あげられるところまで、腕を後ろにあげて20秒キープし、これを2回くりかえします。

次に、ひじを曲げて腰に手を当てましょう。ちょうどベルトの位置のあたりに手のひらが来るのがベストです。

肩甲骨を縮めるような感覚で、20秒キープ。これを2回くりかえします。

こうすれば、腋窩(えきか)神経の血行がよくなって、首の痛みが取れやすくなります。
軽度な寝違えはこれを2回ほど行えば、だいぶ痛みが緩和するでしょう。
重度の寝違えの場合は4回ほど行ってください。

 

痛みが取れない場合は、葛西のまんぼう整骨院を受診しましょう

このストレッチを行っても痛みが緩和しない場合や、2~3日たってもまったく痛みがなくならない場合は、寝違えではなく別の原因が考えられます。
首や肩の痛みは重大な病気の症状のこともありますので、できるだけ早く江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう整骨院を受診してください。