足を捻挫してしまった

軽いランニングでも膝に痛みがある

腰が痛くて長時間プレーが出来ない

肩を上げるときに違和感がある

手首をスナップすると痛む

このような症状で悩んでませんか?

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう整骨院は、このような症状を持つ患者さんにとっての支えになります。

 

スポーツ障害とは?

スポーツ障害とは一般的な分類で見ると捻挫や脱臼、肉離れなども含まれていると思いますが、実際には少しニュアンスが違います。

正確にはスポーツ時のアクシデントによって起るものをスポーツ外傷といい、スポーツ障害とは、使い過ぎによる障害とも言われるように、オーバートレーニングによっての疲労骨折などを指します。

ここでのお話は広い意味で両方を含みます。スポーツによって起った障害は、運動時だけでなく日常生活にも悪影響を与えます。

さらに、肩や腕、膝や足のゆがみでも継続して起ることにより骨盤や背骨のゆがみに繋がり、二次的な障害を作る原因にもなります。

 

スポーツ障害を改善するポイント

 

痛みだけにとらわれない

患部に障害が起こり、休ませるとある程度痛みは引いてきて治ったかのように思ってしまいます。

しかしそれはただ痛みが引いただけで完治したわけではありません

捻挫癖などは、痛みだけ引いて関節のゆがみが残っているために、捻挫をしやすい状態になっています。

このようなゆがみを治すことによって、再び怪我をしずらくなるとゆうメリットもあります

 

患部の関節のゆがみ、組織の調整

外傷を受けた患部は必ず関節にゆがみや、靭帯や筋肉、腱などの組織に傷が発生します。

これを調整していくことで、患部の症状を早く回復させることにも繋がります。

また、長期間休んでもなかなか違和感が取れない場合はこのようなゆがみが残っていることが多いです。

体に負荷のかからない姿勢とは、背骨に正常なS字カーブがついている状態です。

だからと言って頚部を伸ばせばいいというものでもありません。

腰がしっかりと前湾の形が取れていないと頚部の前湾が出ることもありません。しっかりとした土台を整えることが大事になってきます。

頚椎ヘルニアだからといって頚椎ばかりを治療していても良い結果が生まれません。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう整骨院では、全身をくまなくチェックして間接的に首に負荷をかけている原因を取り除きます

 

疲労が抜ける体を作る

外傷は体に疲れが溜まり筋肉が緊張している状態で外から大きな負荷がかかることで発生しやすく、また重症になりやすいのです。このように疲労がスポーツパフォーマンスを低下させることが要因になりますので、疲労がしっかりと取れる状態に体を作っていかなければいけません。

頚部の圧迫を作ってしまう原因としては筋肉の過緊張があります。

筋肉が緊張することが続くことで頚部にかかるストレスを逃がしにくくなります。また、形状もストレートネックに近くなるので筋肉の柔軟性が必要なのです。

単に筋肉を柔らかくするといっても筋肉が固くなる理由がしっかりわかっていないとなかなか緩みません

筋肉が硬くなり頸椎を支え、痛みを最上限に抑えている場合もあるのです。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう整骨院では、筋肉が固くなる原因をしっかりつかみ、その原因をどんどん治していきます。