みなさんここ最近、手が痺れてきたり、お尻から下が痺れてくることがありませんか?

長時間同じ姿勢や座っていると痺れてきたり、痺れ以外にも、太ももやふくらはぎや腕に痛みを感じたり、張りを感じることはありませんか?

以上のような症状をお持ちの方は、神経に対して何か問題があるかもしれません。

神経症状で悩んでいましたら、まんぼう鍼灸整骨院の記事を読んで、ぜひお越し下さい。

 

坐骨神経痛とは?

原因は様々でありますが、腰椎から出る腰神経叢・坐骨神経の圧迫、締扼により神経が刺激されたものです。

「腰椎から出る神経の圧迫によるもの」「脊髄の圧迫によるもの」「おしりの筋肉の締めつけによるもの」「内科系の疾患に由来するもの」「原因不明のもの」とあります。

原因不明のものを除いては、脊髄~腰椎~お尻の筋肉~下肢へと続く神経の走行経路のどこかで、坐骨神経の締めつけが起きている場合に生じます。

坐骨神経痛は太ももの後面、ふくらはぎ辺りの痛みが多く、他にも下肢の痺れ、知覚鈍麻、歩行障害などが見られることがあり、その日の健康状態や体調によって痛さや箇所が変わることもあります。

 

坐骨神経痛を起こす疾患は?

坐骨神経痛は症状の名称であり病名ではありません。
実際に坐骨神経痛を引き起こす病気・疾患は以下のようなものがあります。

・腰椎椎間板ヘルニア

・腰椎脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・梨状筋症候群

・変形性脊椎症

椎間板ヘルニア→背骨は、椎体と呼ばれる骨の部分と、骨の間にクッションの役割をする椎間板で形成されています。 何らかの原因で椎間板の髄核が後方に脱出し、坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが起こります。

梨状筋症候群→梨状筋症候群は、臀部にある洋梨の形をした梨状筋が、坐骨神経を圧迫し、神経障害を引き起こした状態です。梨状筋の間、坐骨神経が通っており、この梨状筋の過剰収縮で坐骨神経を圧迫してしまうと痺れや痛みがでます。梨状筋の過剰な収縮は、車を長時間運転し、アクセルやブレーキを頻繁に踏んだりする人は多く、腰部の外傷、また女性の月経周期中や妊娠時期に起こりやすいです。

腰椎脊柱管狭窄症→腰椎脊柱管狭窄症とは、腰椎や椎間関節の変形・肥厚ならびに軟部組織である椎間板の変性や膨隆、また靭帯の肥厚が発生し、これらが脊柱管内を狭くして馬尾神経、神経根および血管を圧迫あるいは締め付けることにより、坐骨神経痛や下肢痺れあるいは歩行障害を引き起こします。

腰椎すべり症→腰椎すべり症の最も多い症状は腰痛です。長時間の立ち仕事や、同じ姿勢を続け、重労働のあとに痛みが強くなります。鈍く重い痛みで、体を後ろに反らせると痛みが強くなります。また、脚の痛みや坐骨神経痛が出ることもあります。すべりが強くなると脊柱管が狭窄し、腰椎管狭窄症の症状である間欠性跛行が出ます。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、全身をくまなくチェックして何が原因で症状が出ているのかを突き止め治療していきます。

 

坐骨神経痛に対する鍼灸治療

鍼灸特有の鎮痛作用を生かし、痛みやしびれの出やすい坐骨神経の走行に沿った経絡への治療を行います。また、腰部臀部などの周辺筋肉(腰方形筋、大殿筋など)を和らげることで神経根への圧迫や血流障害を軽減することを目的とした治療を行います。鍼による血流改善は神経圧迫部位の酸素供給および栄養供給を促すことより、症状の改善、治癒を早めることができます。慢性期または急性期に適した施術を行うことで,苦痛をいち早く取り除く施術を行います。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、体に負担のかからない鍼灸治療をしていき、ストレッチや再発予防も行っていきます。