みなさん、手首が痛くなってきたり、指が痛くなっていませんか?

それは腱鞘炎の疑いがあります。

腱鞘炎でお悩みの方は、まんぼう鍼灸整骨院の記事を読んで、ぜひお越し下さい。

 

腱鞘炎とは?

体を動かす時、体は筋肉で骨を動かして関節を曲げたり伸ばしたりしています。

腱鞘炎の「腱」とは、その筋肉と骨をつないでいるものです。そして、その腱をつつんでいる鞘(さや)のことを腱鞘と言います。鞘はトンネルのようになっていて腱がが通っています。

その腱と鞘(さや)が、炎症などによってスムーズに動かなくなり、痛みやシビレなど不調を感じるようになったものの事を「腱鞘炎」と言います。

 

腱鞘炎の原因は?

・使い過ぎ

機械も同じ作業を繰り返せば、そこに熱が生じますね。人間で言えばそれが炎症です。クールダウンが必要なのに、体が欲しがっている休憩をしなかったことが大きな原因です。

手をよく使う職業の方や主婦に多く見られます。パソコンや携帯の使い過ぎなど。

腕を作っている骨(前腕骨)のバランスがくずれている場合が多くあり、そのまま繰り返し作業をすることで炎症を起こしてしまいます。

また、骨盤や背骨などのズレやねじれがある状態でいると、その影響は、指先、足先、頭部と体の先端にも出ます。体は、一つにつながっているのです。全体のボディバランスを整える事は、とても大切です。

・血行不良

同じ動作を繰り返したり、同じ姿勢を取り続けていると、一定の場所が緊張状態になります。体の中の流れが悪くなり腱鞘炎を引き起こす原因になります。

腱鞘炎になりやすい方は、首、肩、腕が緊張状態になっており、血行が悪くなっていることが多いです。

手足が冷たい方は要注意ですね。

・ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスが崩れ、血行を悪くしてしまうと、腱鞘炎になりやすいです。

ストレスを抱えやすい方や女性の方など、特にホルモンバランスが崩れやすいので、要注意です。

女性の方は、出産、閉経、生理がありますので、男性より崩れやすくなっております。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、全身をくまなくチェックして何が原因で症状が出ているのかを突き止め治療していきます。

 

腱鞘炎の症状は?

・初期

なんとなく違和感があったり、たまに動かしたときに痛みがある。

初期は、あまり症状が出ないので、気のせいだと思い、腱鞘炎になっている実感があまりありません。

・中期

動かさなくても、痛みがあり、痺れることもあります。

1.関節の腫れがある

2.動かすと痛い

3.動かしにくい

4.動かさなくても痛い、痺れる、だるい

5.押すと痛いところがある

・後期

1.ズキズキ痛む

2.何もしなくても激痛

3.痛くて物が掴めない

4.仕事に支障が出る

 

・手首の腱鞘炎

ドケルバン病と呼ばれる腱鞘炎があります。親指を握るようにグーをすると、手首に痛みが出ます。

物を掴むと痛みが出るので、生活に支障が出ます。

・指の腱鞘炎

指の小さな腱が鞘(さや)とが、こすれあって炎症が出てしまった状態です。

指の曲げ伸ばしがしにくかったり、指のちょっとした動きにも違和感や痛みを感じたりするようになります。痺れが続いていることもあります。

指の腱鞘炎で代表的なものは「ばね指」です。指を伸ばそうとしたとき、勢い良く指が伸びてしまうポイントがある状態のことなどです。(逆に伸びっぱなしという事もあります)腱と鞘(さや)に、ひっかかる部分が出来てしまっています。

 

腱鞘炎に対する治療(鍼治療)

筋肉の緊張を取り、血行を良くしていきます。手の治療だけではなく、腕や、肩、首の筋肉の硬さを取り、バランスが崩れた体全体の調節も行っていきます。

痛みが少し落ち着いてきたら、ストレッチも行っていきます。

鍼では、筋緊張を効率よく緩和し、腱鞘炎に対するツボに打っていきます。

痛みが出ている腱に対しても鍼をしていきます。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、体に負担のかからない鍼灸治療をしていき、ストレッチや再発予防も行っていきます。