みなさん、冬の寒い時期に限らず手足が冷えて困っていませんか?

全体的に冷えている人もいれば、指先だけ冷えている人もいると思います。

冷え性でお悩みの方は、まんぼう鍼灸整骨院の記事を読んで、ぜひお越し下さい。

 

冷えの症状は?

・手足が冷える

・肌が荒れる

・頭痛

・寝つきが悪い

・生理不順

・生理痛

・体がだるい

 

なぜ手足が冷えるのか?

・人間の体は寒くなると、手足の表面の血管を細めます。それは、血液の流れを減らし、温かい血液をできるだけ内臓に集めようとするためです。そのため、手足が冷たくなってしまうのです。

 

冷え性の原因は?

手足の冷えの原因は、末端である手足の血管の収縮によるものです。人の体は、一定の体温を保つように調整する機能があります。これは、細胞が活動するためには、一定以上の体温が必要であるためです。とくに脳や内臓など、体の中心にあり、生命維持に関わる臓器部分の保温は優先されます。そのため、体全体が冷えると、脳や内臓の血液を維持するために、手足の血流が減らされます。体の冷えは、体内の水分量が過剰になることで起こります。体温を作る熱は、温かい側から冷たい側に移動し、冷たい側を温めるような特徴があります。つまり、体の中に冷たい水が多くあると、体の熱は、その水を温めるために奪われます。そのため、水分の摂取量が多かったり、汗や尿などの水分の排泄量が少なったりすると体は冷えます。そして、先ほど述べたように、まずは手足などの末端が冷めたくなります。これが手足の冷えの原因です。そして、水分の摂取に関わる喉の渇きや、汗や尿などによる水分の排泄は、自律神経によってコントロールされます。さらに自律神経自体に、手足の冷えの原因となる、末梢の血管の収縮を引き起こす作用があります。

主に生活習慣に問題があると考えられます。

・冷たい食べ物、飲み物、甘い食べ物を食べ過ぎ。

・食生活の乱れや無理なダイエット→ビタミン、ミネラル不足と栄養がしっかりと取れていない。

・運動不足→運動不足になると、血液を送る筋力を刺激しない状態が続き、筋力が低下し、冷え性の原因となる。

・喫煙→タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうため、それが冷え(冷え性)に結びつきます。

・便秘→便秘になるということは、腸内でぜん動運動が行なわれていないということであり、基礎代謝も低くなります。近年では、基礎代謝が低くなることが、冷え性の原因の一つと考えられており、腸内の働きを良くし、便秘を改善することが冷え症改善にもつながると考えられます。

・自律神経のバランスの乱れ→自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は血管を収縮させる役割があるので、交感神経が優位に働くと血管が収縮してしまい、血流の流れが悪くなります。場合によっては脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性があります。

・睡眠不足→自律神経が乱れやすく、交感神経優位に働き、血管が収縮して、冷えとなります。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、全身をくまなくチェックして何が原因で症状が出ているのかを突き止め治療していきます。

 

冷え性改善

・体温を上げる→運動をして筋肉をつける。体を温める。お腹を温めることも重要です。

・水分量を適切に保つ→水分を摂りすぎない。運動をして汗をかく。

・自律神経を整える→ストレスを溜め込まない。規則正しい生活をする。

 

鍼灸治療

・硬くなっている筋肉やツボ、滞っているところに鍼を打ち、自律神経も調節していきます。お灸も効果が高く、暖かい熱を出しますので、血流はすごく良くなります。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、体に負担のかからない鍼灸治療をしていき、ストレッチや再発予防も行っていきます。