みなさん、肘が痛くなっていませんか?

テニス肘でお悩みの方は、まんぼう鍼灸整骨院の記事を読んで、ぜひお越し下さい。

 

テニス肘とは?

手首を多く使うスポーツ愛好家や最近ではパソコンを良く使用する職業の方に多くみられる症状です。特にテニス愛好家に生じやすいためテニス肘と呼ばれていますが、肘の外側に痛みをともなう症状の総称として用いられることも多いです。好発年齢が30歳以上であることと炎症所見が少ないことから肘の腱(橈側手根伸筋腱:とうそくしゅこんしんきんけん)が年齢と共に痛みそこに多くのストレスがかかることで生じると言われています。この橈側手根伸筋は手首を持ち上げる(伸ばす)働きをします。そのためものをつかんで持ち上げるときやキーボードをタイピングするときなどに肘の外側から前腕にかけての痛みが出現します。一般的に安静時の痛みは少ないと言われています。

テニス動作では特にバックハンドストロークでストレスが多くかかりますが、ラケットを強く握ること自体上記の筋肉・腱にストレスをかけるといわれています。特に初心者はラケットの中心であるスウィートスポットでボールを捉える確率が低いため、無駄な力を持続的に使う傾向にあります。そのため、テニス肘の発生しやすい状態になってしまいます。

 

原因は?

肘や腕の筋肉を酷使しているということです。職業的にテニスプレイヤーである、あるいは腕・肘をよく使う種類の仕事に従事していると、発症のリスクは高くなります。

具体的には、手首・指などを曲げ伸ばしする筋肉群の付け根が損傷し、炎症を起こすことが原因となります。

筋肉痛は、筋肉を再生し強くするための過程であり、年齢が若ければ克服し促進されるのですが、加齢とともにその能力も衰えます。

テニスのスイングに癖があり、筋肉の使い方に問題がある場合も、テニス肘の原因となります。

手首から腕にかけて部分的な酷使をすると、上腕三頭筋とのバランスが悪くなります。腕や肘に負担となる我流のスタイルが定着する前に、専門家にチェックしてもらい修正していくことが得策でしょう。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、全身をくまなくチェックして何が原因で症状が出ているのかを突き止め治療していきます。

 

症状は?

肘や腕そのものが痛くなることです。症状により、痛みにも程度や種類があります。

・腕を動かさなければ症状は出ないが、動かせば痛くなる。

・肘を曲げても痛くはないが、伸ばすと痛い。

・モノを握っても痛くはないが、雑巾を絞る、ドアの取手をまわすなどのひねる動作で痛みが出る。

・肘に何かが当たると激痛が走る。

・動かさなくても、とにかく常に痛みがある。

・一定時間、腕を使って作業などをした後は痛みが出現する。

症状は、肘だけの軽い痛みから、次第に腕の広範囲へと拡がっていきます。

 

診断方法は?

・トムゼンテスト→肘を伸ばした状態で、手首を反らすことに対して抵抗を加えることで、肘に痛みを誘発する。

・中指伸展テスト→伸ばした中指を押さえることで、肘に痛みを誘発する。

・チェアテスト→肘を伸ばした状態で、椅子を持ち上げてみて、肘に痛みを誘発する。

 

治療方法は?

炎症が強いときは、冷やすことと安静にしなくてはいけません。

前腕の伸筋群(特に橈側手根伸筋)の張りや緊張をとる。骨の位置がずれていたり、捻じれていたりすると痛みを誘発しやすいので、正しい位置に戻す治療をする。

痛みが出ているところ、固くなっているところには鍼治療が効果的なので、鍼を打っていきます。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、体に負担のかからない鍼灸治療をしていき、ストレッチや再発予防も行っていきます。