みなさん、顎の痛みで悩んでいませんか?

顎関節症でお悩みの方は、まんぼう鍼灸整骨院の記事を読んで、ぜひお越し下さい。

 

顎関節症の原因?

1.ストレスが溜まっている

ストレスを感じると、無意識に歯を食いしばる「噛み締め」をしてしまうことがあります。
噛み締めをしてしまうと、あごの関節や筋肉に強い負担をかけるので、顎関節症のリスクが高まってしまうんです。

歯ぎしりグセがある方は要注意です。

2.歯の噛み合わせが悪い

歯の噛み合わせが悪いと、片側のあごだけに力が加わってしまい、顎関節に負担がかかります。

3.顎の骨格が小さい

あごが小さいと関節も小さいので、噛むときにほかの人よりも力が必要となり、その結果、アゴへの負担が大きくなります。

4.顎に負担をかけるクセがある

あごが小さいと関節も小さいので、噛むときにほかの人よりも力が必要となり、その結果、アゴへの負担が大きくなります。

5.顎の怪我をしたことがある

あごの打撲や交通事故などによってあごにケガをしたことがあると、通常の人よりも顎関節に負担がかかります。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、全身をくまなくチェックして何が原因で症状が出ているのかを突き止め治療していきます。

 

 

顎関節症の症状とは?

1.開口障害

口が開けにくくなるのは顎関節症の最も典型的な症状の1つです。

正常な人なら口を開けたときに自分の指が縦に3本入るのが目安です。

口が開けにくい人だと指2本分、ひどいと指1本分しか開かない方もいます。

開けるときに痛みを伴うタイプと、痛みはそうでもなく開けにくいタイプがあります。痛みがなくても口が正常に開かないなら顎関節症と言えます。

口が充分に開かないという事は、顎関節の可動性に問題があるという事です。

膝が充分に曲げられずしゃがめない。肘が半分くらいしか曲げられないというのと同じ状態です。

2.顎関節の痛み

顎関節症の痛みの特徴は、口を開けようとする時に痛みが出る事です。

日常では食事の時や、あくび、カラオケなどで痛みや不安を訴える方が多いです。

痛む場所は意外と幅ひろいです。耳の前(顎関節)や咬筋は痛みが多い部位です。

他にもこめかみ(側頭筋)やあごのエラ(下顎角)、首の前側、首~肩にかけてなど以外と幅広く痛みが出ます。

痛みのある所は筋肉が硬くなっています。コリと言うよりは異常緊張と言う方がしっくりきます。あごに力が入った状態が日常化した結果、リラックスする事を忘れて常に緊張し続けてる状態です。触診検査をすると筋肉が硬くなっていて圧痛がみられる事もあります。これは筋肉に負担が重なり痛んでいる状態です。

3.顎が鳴る、関節の音

顎関節が鳴るケースは大きくわけて2種類あります。

カックン、ボキッと関節がひっかかるように鳴るタイプとザラザラ、ギシギシとこすれるような音がするタイプです。

顎関節症の予防?

1.片側の歯だけで噛まない

2.頬杖、うつ伏せで寝ない

3.口を急いで開けない

顎関節症の治療?

顎関節のズレを調節し、咀嚼筋の緊張を取します。体全体の姿勢が悪いと顎関節症になりやすいので、姿勢の改善も行います。

関節周囲・咀嚼筋に対しては、鍼(はり)を打つことによって、筋の緊張が取れやすく、効率よく治すことができます。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、体に負担のかからない鍼灸治療をしていき、再発予防も行っていきます。