「雨の前になると痛みが強くなります」、「天気の悪い日が続くと調子が悪いんですよね」、「雨の前は痛くなるから明日は雨ってわかるんですよ」といったお話を患者さんからはよく聞きます。そこで、「何で雨の日や前日は調子が悪くなるの?」という疑問がうまれて当然だと思いますし、実際にこの質問はとっても多いんですね。

梅雨の時期はもちろん、季節の変わり目など天候の問題によって「痛みが出る。調子が悪くなる。古傷が痛む。」この現象が起こるには、諸説ありますが根拠があります。

天気が悪い日、気圧の変化で関節が痛くなる、だるくなるでお悩みの方は、まんぼう鍼灸整骨院の記事を読んで、ぜひお越し下さい。

 

痛くなる根拠・メカニズムは?

雨が降る・天候が良くない→低気圧・高湿度→交感神経(自律神経)が働く→血管が収縮して血流が低下→痛みが強くなる。

このような流れが起きている。

まず痛みというものを簡単に説明しますと、神経が痛みを脳に伝えるのですが、その原因物質つまり痛みを脳に伝える原因は何種類かありますが、「ブラジキニン」という物質に注目して考えて見ます。血圧に関係する物質なんですがここでは「神経細胞に作用して痛みを起こす物質」とします。

このブラジキニンが大量に特定の場所に集まった、あるいは溜まった状態が痛みが生じます。次から少し難しくなります。人間の細胞は必ず酸素を必要としますが、酸素が不足していると細胞が破壊されてブラジキニンが大量に生産されてしまいます。

通常なら血行がよければこのブラジキニンもさっさと血流にのって他の場所に拡散されるのですが、血行が悪いと一か所に留まり「痛み」を発生させてしまうのです。血行の悪さ=痛みを誘発というメカニズムです。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、全身をくまなくチェックして何が原因で症状が出ているのかを突き止め治療していきます。

 

 

自律神経とは?

「自律神経系」は循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能(ホルモンバランス)、生殖機能、代謝のような、自分の意思ではコントロールできない機能をコントロールしているものになります。

まさに、自律神経のおかげで人間は生きていけるようになっている。自分の意識を使わずに勝手に身体をコントロールするとても高度な生体システムが人間には備わっているということを知っておいてください。

また、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という2つに分類されており、この2つは逆の作用をもたらし、交感神経が亢進すれば副交感神経は抑制の働きを行うんですね。交感神経は日中の仕事やスポーツなどの活動時に、副交感神経は睡眠時、食事の際など、休息時に働くのが大まかな特徴です。

 

雨の日の対策は?

・温める…お風呂に入る、薄着をしない。

・湿度を整える…室内で生活できる環境ならエアコンを使って除湿しましょう。理屈上、効果的です。

・じっとしない…自宅なら軽い体操を、外にでるなら歩く。ストレッチをする。それによって血流を引き上げることも簡単な対策になりますね。

・ビタミンCを摂取する…ビタミンCには自律神経を整える働きがあります。

・しっかりと睡眠をとる

 

低気圧は他にも症状をおこしますか?

・頭痛

・片頭痛発作の数が多い

・睡眠が浅くなる

・血栓症や塞栓症を心血管系の病気のリスクが高まる

・うつ症状が強まる

 

治療法は?

筋緊張を取ることと、自律神経の乱れを整えることが重要となってきます。ストレッチを行ったり、特に鍼灸治療がおすすめです。

江戸川区の葛西、行徳、門前仲町エリアのまんぼう鍼灸整骨院では、体に負担のかからない鍼灸治療をしていき、再発予防も行っていきます。

 

名称 まんぼう整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西8丁目23-6
電話番号 03-3869-0336
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:00/15:00〜20:30 【土曜】9:00~14:00
アクセス方法 【電車】東西線 葛西駅から環七通り沿い 臨海方面へ 徒歩6分