こんにちは! まんぼう整骨院です!

ついに緊急事態宣言が発令されましたね・・・

当院は医療機関に分類されるため通常通り診療しています!

 

今回で在宅、テレワークの方が増えているのではないでしょうか。

普段とは違う環境、精神状態・・・

このような時にはとくに肩こり・目の疲れ(眼精疲労)が出てきやすいです。 あとギックリ腰も・・・

今回は肩こり・目の疲れ(眼精疲労)についてお話します。

 

肩こり、目の疲れ、頭痛は葛西のまんぼう整骨院へ!

03-3869-0336

 

 

 

 

肩こりは巷では、慢性とよく言われていますがそもそも慢性とは内臓器に主に使われることでざっくりいうとなにをしても変わらない不変の状態をいいます。

ところが肩こりは温めたり、マッサージしたりすると一瞬でも楽になったりしたと思います。

なので肩こりは慢性ではなく酷使というものになります。

酷使とは筋肉を繰り返し使うことで筋繊維が摩耗されたことによりおきてきます。

皆さんがよく聞いたことがあるテニス肘・ゴルフ肘等は代表的な例です。

ですから肩こりはしっかりと治療すれば治るんです!!!

 

 

 

次に肩こりはなぜ起こるか・・・

①肩が内側に入っている

肩が内側に入ると人間は頭(4から5キロあります)の支えが首でしか出来なくなり前の方に倒れてきます。

これが俗にいうストレートネックですね・・・

この時首、頭の後ろについている筋にものすごく負担がかかります。これにより筋が酷使され肩こりになります。

また、頭の後ろの筋肉(後頭下筋)は目にとても関わりが深く、ここが硬くなると頭痛・眼精疲労が出てきやすいです。

 

②肩が上に上がっている(いかり肩)

この時は肩甲骨挙筋という筋肉が常に収縮状態になります。

その状態でいることにより筋が酷使されて肩こりがでてきます。

これも首が前に倒れやすいのでストレートネックになりやすいです。

 

③座る姿勢・骨盤がずれている

姿勢の乱れは基本骨盤が関係しています。

骨盤と頭蓋骨は大きな関わりがありズレ方も比例します。

そして間に挟まれている脊椎(背骨)はそのずれに合わせてバランスをとる為にズレます。

このことにより普段均等に保たれている負荷が一部に集中します。

肩こり・頭痛・腰痛・五十肩など様々な症状が出てきやすくなります。

 

肩こり、目の疲れ、頭痛は葛西のまんぼう整骨院へ!

03-3869-0336

 

 

 

では、それらをなにで治すか・・・

 

一番は 鍼治療 がとても有効です!

 

鍼治療は筋を緩ませるだけでなく回復力の向上、体質改善、血流改善、睡眠改善など様々な効果が期待できます。

 

当院では鍼治療だけでなく姿勢改善のために骨盤矯正だったり姿勢指導等も行っております。

 

それらを組み合わせる事により早期改善・早期回復ができます。

 

 

今の時期だからこそ日頃からの肩こり、目の疲れ(眼精疲労)、頭痛スッキリ治しきりましょう!

 

 

当院はアルコール消毒等実施し院内環境を整え万全の対策をとっておりますのでお気軽にお電話ください!

03-3869-0336

 

 

 

 

 

 

名称 まんぼう整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西8丁目23-6
電話番号 03-3869-0336
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:00/15:00〜20:30 【土曜】9:00~14:00
アクセス方法 【電車】東西線 葛西駅から環七通り沿い 臨海方面へ 徒歩6分
診療時間
【平日】09:00~13:00
【土曜】09:00~14:00
【平日】15:00~20:30

 


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容